真(チェンジ!!) 田井中ウツ 無職最後の年 ~?年目~

チェンジ30代 スイッチオン!

自分から口にしない

Category: 日記  
 よく終わりよければすべてよしと言われるように人間何かにつけて終わりのことをよく気にする。だが敢えてそこで問う。始まりとはなんだったのであろうか、と。
 生物学的なことを言えば精子と卵子が~であるが、それは生命の起源であり、生命の起源をいえばビッグバンが~であり、そもそもなんでビッグバンがあったかなんかはわかっちゃいねー。だがそれはいい。問題は一つ一つの生命体であるという過程において自己の決定というものがこの場合の問題だ。
 「個体」といえば別に自分が自分であることに対してなんら不思議に思うことも無いような気がする。個性と一緒で人間ひとりひとり差があるのよ、という話をしているわけではない。その個体に世界を見渡す主格たる自我としての自分が何故ここにいるのかという話である。
 自分は世界にひとり。他人のいう自分は自分以外の他人全員の一人称。そう考えるとこの場でいう自分というものがご理解いただけるだろう。そして相手もそう思って自分という言葉を使うのであれば、極論自分がそこの君であっても何らおかしくはないはずだ。
 僕は君だったんだ!!
 なっなんだってー!!

 本当なのかキバヤシ!?と思わずいいたくなる新事実、君は僕だったんだ。まぁ実際精神ジャックのように他人に乗り移れないから違うんだろうが、なかなか難しい問題だ。かの天理教も体は神から借りていると言っていたような気がするしやはり精神は肉体という名の牢獄に囚われたうんたらかんたら ってまぁそれもわりとどうでもいい話で。
 でも70億の他人がいて1人の自分がいるんだぜ。どうしてこの一体にそんな自分が宿るものなのかというとわかんねーよな、全然わからん。ま、漫画とかだときっと何か理由があるはずだ・・・と深読みするからあえてせず、そんなことに理由はない。それでいいのさマイライフ。そして今日もよくわからないうちに過ぎていく。
スポンサーサイト

暇だ

Category: 日記  
 することなくてつまんねー

暑い

Category: 日記  
あつい

這々の体

Category: 日記  
 参った何も書くことがない。まぁある意味では当たり前なんだがなんにしても書くことがない。人間そう内から湧き上がる熱い血潮なんて言うものを感じる機会は少ないな。そんなわけで今日は一発ギャグを考えよう。
 
 1.天井まで何枚いる?
 ホールで天井にいきそうでなんか結構投資がかさんでいるときにふとつぶやくセリフ。ホールの中の戦争もまた非常ということだ。ガノタの友達に言うときっと評判いいぞ。
 2.この店まじジョン・トラボルタ
 テラボッタ店だなと思ったときにポツリと呟くべきセリフ。ジョン・トラボルタ主演のサタデーナイトフィーバーやサンキョー系の台を打ったときに言うと味がグッと増すぞ。
 3.だって俺ナチュラルボーン滑りンターだから
 滑ったときに自分をフォローするのにさえギャグを入れるというおしゃれで気の利いた一言。ただしこれを使うためにはまず滑る必要があり、このセリフが滑るかどうかも未知数であるということを忘れてはならない。
 4.「避雷針」 といって相手に中指をぐっと立てる
 起死回生の一発。なんで笑わねーんだファッキンという気持ちと、それでもギャグを言おうという紳士であり反骨精神あふれる姿を全力で表したギャグ。相手がキレたら雷が落ちて成功!と喜ぼう。なおこのギャグをいった時点でその人との関係はアウトである。

 まぁ、要するにこんなことを考えなきゃいけないくらい追い詰められる前に常日頃何かしとけってこった。

俺は知らない

Category: 日記  
 生まれた意味、そして生きる術未だ見えず。まぁそんなことより終末(週末)に急に倒れなくなったりするほうが先だけどな。ははっ!
 
 

 ボトムズボトムズボトムズボトムズボトムズボトムズ

« »

06 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

田井中ウツ

Author:田井中ウツ
はたらかねど
はたらかねど猶わが生活悪くならざり
ぢっと手を見る・・・スベスベである・・・!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR